2012年4月29日日曜日

出張録音


昨日から本日は、混声合唱団のレコーディングのため、愛知県新城市にあります「新城文化会館 小ホール」にて出張録音の現場進行中です。

写真は、開始前のピアノ・マイキングと、メインのレコーダー「Nuendo」とバックアップ用の「Cubase」のシステム風景です( ^ ^ )

新城文化会館の小ホールは、残響がとても気持ちよいです。
その特性を十分に生かせるように、スタジオにあるレコーディングシステムの主要部分を、ほぼ一式持ち込みまして、マルチトラック・レコーディング出来るよう環境を整えました。

ホールを使った多重録音作業は、とても贅沢。
すばらしい環境を与えてくださった「愛知子供の幸せと平和を願う合唱団」の皆様に感謝!です。

【愛知子供の幸せと平和を願う合唱団】

http://music.geocities.jp/kodomoshiawase/kodomo

2012年4月20日金曜日

ミツカン




先日の現場は、結婚式の披露宴で、新婦にウェディングソングをサプライズ・プレゼントするための、新郎と友人達のボーカルを録音する仕事でした( ^ ^ )/

普段は、キチンと仕事をバリバリこなしている、この猥雑な音楽業界とは無関係の健全な社会人の方々が、真剣に、かつ、お楽しみも兼ねて、録音に来てくださいました。

スタジオの姿勢としましては、プロ、アマ、メジャー、インディーズ、玄人素人様問わず、同じサービス内容で臨んでおります。

それが、どうやら、ウェディングソング収録で来て下さる方々には、とても充実し刺激的な、非日常の異空間に感じるご様子で。。。

ありがたいことに、当たり前のサービスをしていても、どえりゃー感謝されます。

先日のお客様、収録後の雑談で、愛知が誇る「ミツカン」の開発担当の方と判明。
「今度、ボクが開発した商品を贈ります!」と言っていただいていたその新商品、ホントに届けてくださいました!!

あまりに嬉しくて サブルームの机に頂き物を並べ、思わず写真を撮影してしまいました(笑)

自分は、「ミツカン」といえば「食と健康の企業」というイメージを強く持っています。
最近、体調が思わしくないので、このサプライズプレゼントはとても嬉しいです\( ^ o ^ )/

味ぽん 嬉しい。

ありがとうございました! お幸せに!!

【ミツカン WEBSITE】
http://www.mizkan.co.jp/index.html
 

2012年4月17日火曜日

THE CHAIN Of FOOLS



本日の現場は、自分がピアノ・オルガンで参加している「THE CHAIN Of FOOLS」のライブ演奏です。
会場は、名古屋大須のell.SIZE。

vo.gtr高橋昇士さん gtr服部一行さんとデビュー同期の朋友 鬼頭径五さん率いる[Soulshine]との「タイバン」ライブです( ^ ^ )/

【鬼頭径五[Soulshine]公式WEBSITE】

http://santa-no-site.meganebu.com/

写真は、2012年6月9日(土)に「ロックの日 王様達の夜」というイベントを、ここ名古屋大須ell.SIZEで行うのですが、告知宣伝用の材料が足りなく、スタッフに無理を聞いて頂きリハーサルを撮影したものです。
ありがとうございます!

被写体は、カメラマン担当が自分のため、私抜きの(笑)THE CHAIN Of FOOLSです。

開場18:30 開演19:00
若手ロックンロールバンド September Club Childrenが1バンド目。
THE CHAIN Of FOOLS(19:45~) Soulshineの順番です。

今日もがんばるぞ!
 

2012年4月15日日曜日

ライブ現場


今日の現場は、名古屋市中区金山駅のそばBar Deonにて、石原豪さん率いるTHE BOOGIEの「セミアコースティック・ライブ」のお手伝い。

ただいま、開演前の談笑タイム。
リハーサルも良い感じで進行しました。

20時開演です( ^ ^ )/

2012年4月14日土曜日

にっぽんど真ん中祭り

本日、2本目の現場は、2012年 にっぽんど真ん中祭りに参加するチームの楽曲制作。
一人、地味に孤独に(笑)「仮歌」入れです( ^ ^ )

【どまつり公式WEBサイト】

http://www.domatsuri.com/

メインのガイドボーカルは、ボーカロイド(初音ミクちゃん)で打ち込み、「煽り(わっしょい や ソレソレ などの合いの手の掛け声のことです)」は、私が担当。

これが難しいのです。。。

ナガイさんと The Shockers や ヒデ&ビリーや バケラッタで活動しているときは頻繁に歌わせてもらっていたのですが、最近は、しゃしゃり出ることも年齢のせいかしなくなり、ピアノ演奏を主とする地味な、華の無いオジサンと化している身。

「仮歌入れ」はなかなかに、むずかしい。。。

それを吹っ切らせて、ここまでやってしまうのは、やはりチームの熱意と純粋さに押されるのでしょうか。


こっそり、何かに打ち込んでいるヒトの美しい姿を見るために、自分が担当したチームを見に行くのですが、毎年グッと来るものがあります。

やっぱり、踊ったり歌ったり、何かを人に伝えようと懸命になっている人って、とても美しい。


昨年は様々なことがあり、純粋に楽しめませんでした。

今年は、暑い夏が楽しみです。

2012年4月9日月曜日

録音初日の記念撮影

あまり写真に納まるのは得意ではないのですが。。。

先日の現場は、男性ボーカルデュオ「BLYTE(ブライト)」さんたちのCD制作の初日でした。

【BLYTE BLOG】

http://ameblo.jp/blyte/

BLYTEさんたちの現場はとても明るい!
真剣さの中にユーモアがある事って、いいですネ。

私自身は、どちらかと言うと眉間にシワよせて録音用のキーボードをコツコツ叩くタイプなのですが、彼らに乗せられて、ついつい一緒に写真撮影( ^ ^ )

色男二人といっしょで、以外に(笑)嬉しそう。


彼らのライブが本日2012年4月9日(月)名古屋大須のell.FITSにて行われるそうです。

甘い声を持つ、男性二人組みのボーカルユニットです。
お時間のある方は、是非 大須 ell.FITS に足を運んでみてください。

2012年4月5日木曜日

今日2本目の現場は

今日2本目の現場は、HIPHOP制作をライフワークとして取り組んでいらっしゃる、ラッパー三宅崇弘さんのMCのレコーディングでした。

レコーディング終了後、写真撮影大会になり(笑)三宅さんのスマホにたっぷりと撮影。私のデジカメにも撮影させていただきました


三宅さんもそうなのですが、HIPHOPに取り組んでおられる方は、ブレない性格の持ち主がとても多いように感じております。

たとえ多少ヤンチャであれ、自分自身の軸をキチンと持っていて、姿勢を正そうとする努力を(無意識かもしれませんが)している方がほとんど。


乱暴な私見ですが、かつてロックンロールが座っていた「椅子」に、現在は若者と共に「HIPHOP」が座っているような気がしてなりません。

指向する音楽性や時代が変わっても、表現者が持つべき「志」は変わらないんですね( ^ ^ )

少し、ほっとしました。

2012年4月4日水曜日

ぶどう÷グレープのアルバム最新作


今日の午前中の事。
サクサクと本日の現場をこなしていたら、突然。。。

ぶどう÷グレープの永井秀彦さんがいきなり登場(笑)
出来上がったばかりの新作CDを、嵐の中わざわざスタジオに届けに来てくださいました( ^_^ )

写真は、ぶどう÷グレープ最新作アルバム「彼の名前を思いだせない」のジャケットを、デジカメで撮影したものです。

【ぶどう÷グレープ 笑劇の問題作PV 「すってんころりん」YOUTUBE】

http://www.youtube.com/watch?v=8D6I-K8v3l0&feature=colike


来ると予想していない方がお見えになると、本当にビックリしますネ。
しかも、あの浪々とした例の語り口で、本日のクライアント様に、

「藤原君はお見えになるかね!?」

クライアント様、あたふた あたふたしておりました。
さすが、ながい÷グレープ。大物感が違います(笑)

冗談はさておいて、永井さんは自分が19歳のときからずっと一緒に活動してきた先輩。
20代前半は、同じアパートに住み、それこそ「トキワ荘」での漫画家ような生活を一緒に送ってきました。

永井さんも、8月で50歳。この方も、「恐るべき50歳」です。
いろいろな意味で(笑)先輩には、かなわないナ~。

ぶどう÷グレープは海外に熱烈なファンが多く、前回のアメリカツアーに引き続いて、今年はイギリスツアーが予定されているとか。頑張ってくださいネ!

引き続き応援しております( ^ ^ )/

2012年4月2日月曜日

Gorin Music Studio


今日は、現役ドラマーでありレッスン・プロでもある 神保慎一郎さんのスタジオにお邪魔してきました( ^ ^ )/

名古屋市名東区の閑静な住宅地に、神保さんのスタジオ「Gorin Music Studio(ゴリン・ミュージックスタジオ)」はあります。
特筆すべきは、そのスタジオのクォリティーの高さ!
プライベートスタジオの域を遙かに超えていてビックリです。

【Gorin Music Studio Web Site】
http://gorin-i.com/

神保さんは、こちらでドラム・スクールを開講しております。もちろん、ご自身のバンドのリハーサルなども行っているご様子。

「なるほど~神保さんのドラムプレイのバックボーンには、この高品質なスタジオの存在があったんだー」と、とても納得してしまいました。


リンクを張らせていただいたホームページのトップに、年齢不詳(笑)の可愛らしい女性が、キースムーンばりにシンバルをぶっ叩いている写真がありますが、これが、とても気持ちよさそう(^o^)

怪しいと思って聞いてみたところ、やっぱり(笑)写真家の阿竹義容さんの作品でした。

アタケさんも、いろいろがんばってますな~( ^_^ )v